実体験に基づいた情報を提供中!

身近な体験情報ナビ

雑学 占い

占い師の名前の決め方

更新日:

日本は占いが好きな人がとても多いといわれており、生活の様々なところで占いを見ることができます。

そんな私たちに身近な占いではありますが、占い師さんの存在に注目したことはあるでしょうか?

意外と変わった名前が多いこともあって今回は気になる占い師の名前の決め方について調べてみましたので、占いの裏側の世界を少しだけ覗いてみましょう。

スポンサーリンク

占い師の名前

まず基本的に占い師の名前の決め方には決まりごとは一切無いので、本人が自由に決めて使うことができますし改名も自由となっています。

そのため多くの占い師はできるだけ一度聞いただけで印象に残りやすいインパクトのあるものを使用しています。

そのためカタカナ表記で書かれるものがとても多くなっており、使用する言葉の意味よりも聞こえ方や印象を大事にしているようです。

中には占術によって占いで決めている方もおり、漢字の画数などから組み合わせているケースもあり、この場合人に覚えてもらうことよりも占い結果を尊重しているため、難解な漢字や読みを使用している人もいます。

占いを商売にしている人にとっては名前は看板の役割も持っています。

お客様は看板を見て占ってもらうかどうかを判断しますので、難解な漢字やあまり見慣れない英単語の使用はマイナスになってしまいます。

そして占ってもらった人はその結果から口コミで評判を拡散していくことで、新しいお客様を呼び込むことが期待できるのです。

つまりぱっと見ただけで把握できないような名前は、お客様を呼び込むという観点ではふさわしくないようです。

どんなに占いの技術が高度であっても利用してくれる人がいなければ意味がないため、わかりやすい工夫は一番欠かせないものかもしれません。

ですがインパクトばかりに気を取られてしまうと、占いの信憑性が疑われてしまうこともあるようです。

とある占い師の方は独立した当初すぐに人に覚えてもらえるようにと、その当時人気だった男性アイドルの芸名を一文字だけ変えて使っていたそうです。

最初はその芸能人に似ているかもしれないと期待した人が占いに来てくれたりもしたそうですが、ほとんどお客がいない状態だったため友人に相談しました。

スポンサーリンク

占い師の名前と信用

すると相談した友人のほとんどがアイドルの人気にあやかろうとする人の占いは信用できないといった意見だったため、そこではじめて自分の占いが評価されていないことに気づいたのです。

それからまもなく自分で考えたものに改名をしたところ、お客様に占い結果を受け入れてもらうことができるようになりました。

こういった方もいるためできるだけ何かを真似るようなことやふざけた単語は使わないほうが、占いの信頼に影響が及ばなくなるようです。

どうしても名前が決められないと悩んだ時は、本名で活動しても問題はありません。

ですが本名で活動すると個人情報の面で多少不便に感じるところが出てくるかもしれません。

最近はインターネットで簡単に情報が拡散されてしまうこともあるので、リスクが考えられるときは営業名を用意したほうが安全に活動できます。

また占いを独学ではなく誰かに従事して学んだ人であれば、その人に決めてもらう方法もあります。

先輩や師匠の名の一部を拝借している方も多いですし、その方が最初は集客が見込めることもあります。

流行しているのは活動拠点の地名を入れるものですが、他との違いを出せなくなったり個性を出しにくいというデメリットもあるでしょう。

占いの実力で勝負したい人にはおすすめできません。

占い師に名前を相談した体験談

最近仕事が減っていて困っていました。

周囲の人に相談しても良い結果を得られず、このままだと問題が起こりそうだと感じていました。

それで地域で有名だった占い師の所へ行って、何か良いアドバイスを受けられないかと考えました。

最初はそういう所に行っても結果は得られないのでと、心配する気持ちもありました。

しかし知り合いが利用して良かったといっていたため、もしかしたら自分の悩みも解消できるかもと興味を持ちました。

お店はそれほど遠い所ではありませんでしたが、人気が高いらしく行列ができる時もあるようです。

それで比較的人が少ない平日の昼頃に行って、自分の名前を占ってもらう事にしました。

お店はファッション小物などを売っている所の近くで、あまり大きくなく最初は気づきませんでした。

周囲を歩いていてやっと場所が分かったので、建物の中に入って必要な手続きをしました。

お店は受付があってそこで自分の名前を書くと呼ばれる形になっていてしばらく待っていました。

自分よりも前に来ていた方が終わったらしく、呼ばれたので部屋に行って相談してみました。

占いをしている人は案外普通の服装をしていて、特別な感じは受けず話しやすそうでした。

最初に簡単な挨拶をしてから、自分の職業などについて説明をしました。仕事などについて相手はメモをしていて、それから質問を受けたので答えました。

話をした後しばらく占い師は黙っていて、それから名前が原因ではないかといわれました。

話を聞いてみるとショーなどで出る時に使う名前が、自分に合っていないから上手く行っていないと説明を受けました。

詳しい話を聞いてみると問題点などが分かり、名前かもしれないと感じるようになりました。

名前の重要性は先輩もよくいっていたため、もしかすると問題があるのかと心配になったので詳しく話を聞きました。

お店の人との話し合いではどのような形ならば良いかなど、必要な情報を得られたので良かったです。

それ以外でも日頃感じている疑問についても話せて、精神的に楽になれました。

占い師との相談は数十分程度でしたが、必要な話し合いができたので満足しました。

それからどのようにすれば良いか、自分なりにしばらく考えていました。

二回目にお店に行った時は十分に考えて、どうするか決めてから占いの人と会いました。

今回は休みの日だったので沢山の人が来ていて、簡単には会えず時間がかかりました。

ある程度待って占いの人と会って話したのですが、以前相談した話について覚えてくれました。

気になっていたのはショーに出る時の名前で、別のものにするべきか聞いてみました。

そうすると変えるのも悪くないといわれて、数十分程度話し合いをしました。

話し合いで聞けた話としては別のものにするのは良いが、それによって返って悪くなる場合もあるというものでした。

確かに下手に名前を変えると返って失敗するかもと、心配になりましたが変えてみたい気持ちは強くありました。

それでどのようなものならば良いか聞いてみると、占いをして確かめてくれました。

しばらく不思議なまじないのような事をして、それから複数の単語を紙に書いて渡されました。

書かれていた単語は変わったものもありましたが、自分の好みに合うものも存在していました。

相談をしてからもらった単語を読みつつ、別のものにするのが良いのかと考えていました。

安易に変えてしまうと周りの迷惑にもなるので、簡単には決められずしばらくは対応しませんでした。

それが変わったのは占いをした話を先輩にした時で、詳しい説明をすると変えてみたらどうだといわれました。

周りの迷惑になるのではと聞いてみましたが、多少ならば問題ないと答えてくれました。

それで新しいものに変えてみようと考えて、もらった単語から良さそうなものを選びました。

いつも使っているものと大きく変わらない程度の、ちょっとした変更でしたが結構悩みました。

変更する事に決めたので仕事をしているお店などに連絡すると、特に問題なく認められたのでホッとしました。

名前を新しく変えてからもショーに出ていますが、最初の頃は特に変化がありませんでした。

そのためあまり意味がなかったかなと感じましたが、しばらくはそのまま仕事を続けました。

変化が起きたのは変えてから数ヶ月後で、大きな仕事を急に得られました。

以前からやりたかった仕事を得られたので、連絡が来た時はびっくりしました。

それからはやりたかった仕事ができて、十分な結果を残せたので満足しています。

仕事そのものは大きく増えていませんが、以前に比べるとそれなりに良い状態になっています。

自分の問題を占ってもらうのは初めてでしたが、それなりに効果を得られたので良かったです。

名前を変える時はかなり悩みましたが、結果を得られたので正しい判断だったと考えています。

今でも占い師のお店には時々行っていて、仕事の悩みなどについて相談する時があります。

スポンサーリンク

-雑学, 占い

Copyright© 身近な体験情報ナビ , 2019 All Rights Reserved.