実体験に基づいた情報を提供中!

身近な体験情報ナビ

ダイエット

レコーディングダイエット体験談

更新日:

2年ほど前になりますが、ネガティブな話題の多いオタキングこと岡田斗司夫さんが紹介されたレコーディングダイエットをやってみました。

当時、会社の健康診断でメタボと診断され(泣)

これは自発的に対策しないとマズいなと真剣に考えていた矢先、文庫版の『レコーディングダイエット決定版』を読んでみたのですが、これが読み物的にも面白い本で、毎回食べたモノとそのカロリーを書くだけで痩せるっていう方法も簡単そうな気がして、妻にも協力してもらい夫婦で始めることにしました。

スポンサーリンク

レコーディングダイエットを10か月実行


だいたい10ヶ月ほど実行したのですが、結果的には10Kgほど痩せることができました。

最初のうちはカロリーなんか気にしないで、普段食べている量をそのまま記入していけば良いとのことで気楽に始めました。

記入する内容は、食べた時刻、食べた食品の名前、カロリー、そして最後の行にはその日に摂取した総カロリーを記入します。

食品の名前は、とにかく細かく記入します。

例えば鍋だったとして、鍋の具も細かく記入します。

細切れ豚200g、白菜、ニンジン、モヤシ、ポン酢等。そして、可能な限りそれらのカロリーも記入します。

カロリーについては食品表示に記載されていればそれをそのまま記入しますが、無ければ本やネットなどで調べます。

朝食のコーヒーのカロリーも手抜きはしません。

コーヒー自体はゼロカロリーですが、コーヒーに入れるクリープのカロリーはしっかりと記入。

その日に舐めた飴玉も、個数、商品名、カロリーをしっかり記入します。

飲み会に行っても手は抜きません。徐々に酔っ払いながらもメモ帳にキチンと飲んだお酒とおつまみをマメに記入。

同席のメンバーからは怪しい挙動を当然のように突っ込まれますが、これも飲み会での格好のネタになります。

会社で同僚などが配ってくれるお土産のお菓子も、絶対に忘れず記入します!とにかく口に入れるものは全て記入します・・・

スポンサーリンク

面倒くさいレコーディングダイエット


ここまで読んでおわかりのように、「ただ書くだけ」ですが、これがメチャクチャ面倒くさい!

典型的な血液型Aの日本人である真面目な自分でなければ、とても10ヶ月も続かないと思います(笑)

書くだけならばまだしも、カロリーを調べて記入するのがとにかく大変。

こんなメンドーならなるべく口に入れずに済まそう!となるため、自然と摂取量が減ります。これが本ダイエットの肝ってことですね。

というワケでレコーディングダイエットは、真面目に続ければ、半年程度で5Kg以上は痩せれます。

あくまで「真面目にコツコツ続ければ」という条件付ですが(笑)

ちなみにもう1度「レコーディング・ダイエット」をやることが出来るか?と問われたら、「無理」と答えるでしょう(笑)

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 身近な体験情報ナビ , 2019 All Rights Reserved.