実体験に基づいた情報を提供中!

身近な体験情報ナビ

ダイエット グルメ

一食置き換えダイエットのシェイクタイプで挫折した理由

更新日:

ダイエットと言えば思い付く方も多いかと思いますが、一食置き換えダイエットを試してみた事があります。

ドラックストアなどに行くと各ダイエットメーカーから、それぞれたくさんの種類の商品が出ているのを見かけた事がある方も多いかと思います。

粉末を水や牛乳で溶かすとシェイク状のドリンクになり、それを飲むタイプのもの。

おからで出来ているビスケットタイプの物で、カロリーが低くお腹に溜まりやすいので満腹感を得られるタイプのもの。

レトルトのリゾットのようなタイプで、普通の食事と同じようにしっかり食べられるから、ストレス無くカロリー制限が出来るというもの。

スポンサーリンク

置き換えダイエットとは?


様々なタイプがあり、朝食、昼食、夕食のうち、どれか一食を置き換えるだけで痩せられるというダイエットなので、運動をするのが面倒だと思う私には打って付けだと思い、まずシェイクタイプの置き換え食を購入してみました。

1箱に5種類の味の粉末が入っており、それが3パックずつくらい入っていたと思います。

いちご味、バナナ味、マンゴー味、キャラメルマキアート味、バニラ味が入っていて、特に口に合わないという事もなく甘い物が大好きな私は、これなら続けられそうだと思っていました。

商品の謳い文句には、このドリンクは胃で膨らむので満腹感も得られ、腹持ちも良いと記されていましたが、私は夜中にお腹が空いてしまって間食してしまったら元も子もないと考え、夕ご飯はしっかり食べたかったので、朝食を置き換えする事に決めました。

最初の3日間くらいは、そのまま指示通りに朝食を置き換え、ドリンクを飲んでいました。

スポンサーリンク

意外とキツイ置き換えダイエット


しかし、早くも私は挫折しそうになってしまいました。

ドリンクタイプの置き換え食は、良く言えば手早く食事が出来る。悪く言えば、食事をした実感が得られないのです。

確かになんとなく、ドリンクが胃の中で膨らんでいる感覚はあります。

ですが、心が満足せず、つい何かをつまみたい気持ちになってしまうのです。

ダイエット食はカロリーが低いから、少しくらいつまんでもいいよねという油断も生まれやすいです。

加えて、味への飽きがありました。いくら5種類の味があると言っても、それはどこかダイエット用に調整された味で、決して嗜好品のように美味しいわけではありません。

それをローテーションしても、やはり満足感は得られず、かえってお菓子や昼食、夕食への欲求を高めてしまいました。

結果的に一食を置き換えても、一日全体の摂取カロリーを見てみれば、ダイエットを始める前とさほど変わりはなく、体重も特に減る事はありませんでした。

やはり3食をキチンとバランス良く食べる事こそが、心にも体にも最も良いダイエットなのかもしれません。

スポンサーリンク

-ダイエット, グルメ

Copyright© 身近な体験情報ナビ , 2019 All Rights Reserved.