実体験に基づいた情報を提供中!

身近な体験情報ナビ

便利ツール

Javaとは?(歴史)

投稿日:

Javaは1990年に開発がアメリカのSUN社で開発が始まり、1995年以降、各種OSにて利用されながら今にいたります。

Javaはデスクトップでの利用だけではなく、一度ソースコードを書き、ビルドすれば再ビルドなしでどのOSでも同じように動くという特徴がありました。

しかし、デスクトップでの利用は少なくなっており、もっぱらサーバサイドでの利用が多くなっています。

Javaは2010年にアメリカのOracle社にライセンスが移りましたが、無料で開発キットが使える体制は維持されています。

スポンサーリンク

Javaの開発

開発キットにはライブラリの他にデバッガービルドツールが含まれています。

Javaの開発については好きなエディタで開発してコマンドでビルドする以外にEclipseなどの統合環境もオープンソースで提供されることが増えてます。

Javaの稼働環境については1990年代から続々と増えており、特にサーバ分野で目覚ましい発展を遂げています。

JavaはJava専用の仮想コンピュータ上で稼働します。

そのため、各OSに合わせて仮想コンピュータを作ることでどこでも動くアプリケーションを作成可能です。

サーバサイドでの稼働アプリケーションは会社の基幹システムからWEBサービスまで多岐にわたります。

スポンサーリンク

仮想コンピュータで稼働するJava

仮想コンピュータで稼働する特徴は得に好評であり、主流となっているサーバ自体の仮想化にもスムーズに対応することができることから長期運用のシステムでも利用が進んでいます。

Javaはインターネット環境を使いこなすために開発されてきたこともあり、ネットワークにも強い開発環境となっています。

また、並列コンピューティングにも対応しやすい構造となっており、デスクトップから超並列計算まで多数のアプリケーションが開発されています。

開発に当たっては安定志向で機能追加が行なわれていることもあり、プログラマが集めやすく人員の問題も起きづらいことから特に企業での利用が進んでいます。

スポンサーリンク

-便利ツール

Copyright© 身近な体験情報ナビ , 2019 All Rights Reserved.