実体験に基づいた情報を提供中!

身近な体験情報ナビ

便利ツール

グーグルマップの使い方

更新日:


インターネット用地図で有名なグーグルマップとは?

グーグルマップとは、大手IT企業のグーグルが提供しているスマホやパソコンで使える地図サービスの事を指し、多くの便利な機能が付いています。

スポンサーリンク

カーナビにも使えるグーグルマップ

グーグルマップで多くのユーザーが使っている方法としては、現在地から目的地までの行き方・距離・時間を表示するナビゲーションであり、自家用車・徒歩・鉄道・高速バス等の行き方で結果を示してくれます(例:徒歩で自宅~最寄り駅~到着駅~目的地で検索する場合は、徒歩と鉄道による検索結果が表示)。

自家用車で目的地に行く場合は、一般的に最短距離または最短時間を教えてもらえるのですが、ユーザー各自が設定したルートでもナビゲーションをするので、渋滞時やトラブル時に有効活用すると良いでしょう。

ナビゲーションは音声案内に対応しており、音声案内をオンにしておくと交差点・主要地点付近で誘導を行い、ドライバーが混乱しないように快適なタイミングでルートを提示します。

渋滞情報に関しては、グーグルが開発しているシステムによってほぼリアルタイムで提供する事から、行楽地への行き帰りに使うと所要時間を短縮出来て無駄な時間を過ごさずに車に乗る事が出来ます。

渋滞は、最も混雑する順に濃い赤・赤・オレンジで示され、2人以上で移動する場合は同乗者に渋滞情報を教えてもらいながら運転するのもおすすめです。

スポンサーリンク

カーナビにも使えるグーグルマップとGPS機能

グーグルマップを初めて行くエリアで使う場合は、GPS機能(人工衛星による位置情報システム)を使うのが良く、この機能を使う事によってユーザーの現在位置が示されるので、初めてのエリアであっても道に迷う事はありません。

なお、GPSの誤差は数メートルに収まっていて正確な事から、安心して利用できるでしょう。

グーグルマップをドライブ目的で使いたい場合におすすめの機能が、ユーザーが寄せる名所・グルメ(店名・営業時間・ホームページ・大まかな混雑時間帯等)の投稿情報であり、投稿の中には店舗外観・店内・メニュー等が写真付きで口コミが寄せられています。

急にご飯が食べたくなった場合は、GPS機能をオンにしておけば近いエリアの店を教えてもらえるので、移動中はオンにして移動するのが良く、経路探索をするとアクセス方法・所要時間もわかります。

高速バスと鉄道を乗る際にグーグルマップを使う場合は、乗車駅と下車駅を打ち込むと出発時間に最も近い便や運賃が表示され、他社への乗り換えがある場合は駅構内の徒歩分数も提示してもらえます。

一般的な移動の徒歩分数が示される事から、初めて利用する路線であっても落ち着いて行動できるでしょう。

これら以外の便利な使い方としては、GPSを使わない場合であっても表示しているマップ内で「ラーメン店」・「コンビニエンスストア」・「道の駅」といった任意キーワードを打ち込んで検索を行うと、地図内にある店舗が表示されます。

食時・買い物・休憩をしたくなった際に使えば大変便利ですので、試しに使っておく事をおすすめします。

スポンサーリンク

-便利ツール

Copyright© 身近な体験情報ナビ , 2019 All Rights Reserved.